膝が痛い時の足つぼ

こんにちは!筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の今任です。

今回ご紹介するのは足つぼの『膝が痛い時の足つぼ』をご紹介します。

 

膝の痛みは日本国民800万人おられるともいわれる国民病の1つです。

 

そこで足つぼで少しでも改善できるようにオススメの足つぼをご紹介します。

 

是非試してください。

膝が痛いときの足つぼ

 

 

まず簡単にまとめたスライドをご覧になってください。

 

 

やり方

膝の反射区に人差し指や親指で挟んだり、人差し指の第2関節を曲げた所で押圧します。

骨盤の反射区を親指以外の4指を曲げて気持ちがいい程度にスライドしながら押します。

坐骨の反射区を人差し指と親指で挟んで刺激し、仙骨・尾骨の反射区を親指で押圧し刺激します。

 

ポイントは気持ちよく行うことです。

ご自分でされる場合は無理して痛みを起こさないようにしてください。

 

行った後におさゆ、お水を飲むのもポイントです。

まだまだコロナ禍で大変な方も多いと思いますが足つぼなどでリフレッシュしてください。

杏鍼灸整骨院では20分1500円で足つぼ施術を行っています。

何かわからない事がございましたらご気軽にお問い合わせてください

 

 

足つぼの情報をTwitterでも発信しています良ければフォローもお願いします。

 

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

前の記事

アキレス腱の痛み

次の記事

シンスプリントの超音波