ハムストリングの肉離れの超音波+電気治療

こんにちは福岡県の筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回はハムストリングの肉離れの施術についてご紹介して行きます。

 

ハムストリングの肉離れはスプリント系の競技では頻発し再発もしてしまう非常に厄介なものです。

 

しっかりなってから復帰しないとアスリートにとってかえって競技復帰に時間がかかってしまうものです。

 

今回は当院で行っている超音波と電気を使ったコンビネーション治療をご紹介します。

 

超音波の効果

超音波の主な効果はプローブといって先端から1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。

つまり体の奥にまで熱を届ける事が出来ます。

温める事によって

血流の促進
神経の伝達がよくなる
痛みの改善
コラーゲンの伸張性の増大

がおこります。これらは肉離れの回復期にはとても重要な効果になります。

 

電気の効果

電気治療ってなんとなく受けている感覚ってありますよね!?

でも電気って色々体の中で起こっているのです。

 

電気を当てる事によって脳から麻薬様の物質が出るといわれています。

これを内因性のオピオイドといいます。

またこれと同時に痛みは脳によって理解をされるのですが電気を流すことによってこの痛みの伝導路を抑制させるような働きをおこします。

これを下行性疼痛抑制といいます。

 

このように電気を流すことによって痛みのコントロールができます。

 

それとは別に電気を流すことによって筋肉はぴくぴく動きますよね!?

この効果を使って筋肉を同間隔で収縮させるように行い血流の促進を起こします。

筋の中にある血管は筋の収縮を起こすことによって乳搾りのように血流が良くなります。

これをミルキングアクションと呼びます。

 

このような効果を出しながら当院では施術を行っています。

 

実際の施術風景

筋肉に神経が入っているところには運動終板といって脳から筋肉を動かす指令を受け取るところがあります。ここに電気が当たると筋の収縮がよく起こるところがあります。

ここの事をモーターポイントといいます。

 

単に電気を流す事よりこういったところに通電させる方が効果は高いんです。

 

杏鍼灸整骨院ではしっかり物理療法の効果や解剖学に基づいた施術を行っております。

ハムストリングの肉離れはアスリートにとっては非常につらいですがしっかり早く治して復帰しましょう。

当院はアスリートを最後まで応援しております。

 

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦