中殿筋のトリガーポイント、腰痛、股関節

こんにちは!筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は『中殿筋のトリガーポイント』をご紹介していきます。

 

中殿筋はお尻にある筋肉で股関節の痛みや、腰の痛みには重要な筋肉でトリガーポイントが非常に形成されやすい筋肉です。

歩いて片足立ちになった時に痛みがある時はこの中殿筋が問題になっていることも多いです。

 

簡単にこの筋肉とトリガー―ポイントについてご紹介していきますね!

 

中殿筋のトリガーポイント

まず中殿筋の位置をご紹介します。

起始部とは筋肉が始まっているところで停止部が終わっているところになります。

 

少し難しい表現で書いてますが骨盤の後ろ側にある筋肉です。

中殿筋の上には大殿筋という筋肉が覆いかぶさっておりその下に中殿筋という筋肉があります。

主に股関節の安定性を出すための筋肉で歩いていて骨盤が安定するように働きます。

 

この筋肉が問題になると骨盤の高さが不安定になり、腰痛の原因になります。

また上手く使えないと筋力が下がりトリガーポイントができやすい環境になっていきます。

 

トリガーポイントにはできやすい位置を好発部位(上の図でといいます。

そもそもトリガーポイントの意味は

トリガー=引き金
ポイント=点

という意味で痛みの引き金になっている点という意味になります。

 

筋肉のストレスがかかりやすい位置に出来る事が多いです。また鍼灸などの経穴(=ツボ)の位置と似ているところも特徴です。

 

またトリガーポイントが形成されると関連痛領域といって痛みが波及する特徴的な範囲があります。

それが上の図で青く囲っている範囲になります。

 

中殿筋は形成されるトリガーポイントによって関連痛領域が変わる筋肉で広範囲に問題を起こします。

created by Rinker
¥5,280 (2021/09/28 01:50:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

実際に鍼を行っている動画もご紹介します。

トリガーポイント療法は痛みに対して効果が高く様々な症状に効果的です。

肩の痛みで症状が改善されない方の中にはトリガーポイントが原因になっている事も多いです。

 

ご不安がある方はご相談ください。

また鍼治療に対して不安がある方はご相談くださいね。当院の鍼灸治療はなるべく痛みが少なくしており、患者様からも痛くないとご好評をいただいています。

それでも不安な方は手技療法、物理療法も用いた患者様一人一人に合わせた施術をしておりますので安心してくださいね!

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦