足首の捻挫

こんにちは!筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は『足首の捻挫』をご紹介していきます。

 

足首の捻挫はスポーツ外傷の中で最も起こりやすいともいわれます。

またスポーツ活動だけではなく日常でも受傷頻度が高い外傷の1つになります。

 

しかし、『捻挫だから大丈夫』って思っている方多くないですか?

放っておくと治りが悪くなるどころか、長期間不安定な状態を作ってしまうと関節の変形の原因にもなります。

関節が変形してしまうと戻りませんの初期治療が非常に大事になります。

 

足首の捻挫

 

一言で足首の捻挫といっても重症度があり症状は様々です。

捻挫の中程度の損傷になると上記の写真のように皮下出血や腫れが非常に出ることがあります。

 

腫れる時は怪我をした後からぐっと腫れることもあるのでびっくりされることもあります。

 

損傷することの多い靭帯は前距腓靭帯といわれる靭帯で足首の外側にある靭帯です。

前距腓靭帯損傷

赤くなっているのは靭帯が損傷しているモデルになります。

外くるぶしから足首の前方についている靭帯で多くの捻挫でここを痛めていることが多いです。

重症度を分けると

1度・・・・・靭帯の微細損傷(関節の不安定性はない)

2度・・・・・靭帯の部分断裂(関節の不安定は認められる)

3度・・・・・靭帯の完全断裂(関節の不安定性は顕著に認められる)

これらの状態を把握してしっかり固定などをすることが重要になります。

 

杏鍼灸整骨院では骨折が疑われる場合、必ず専門機関に紹介状をお渡しをして検査をすすめております。

 

応急手当

 

怪我をした時にRICE療法というものがありますが最近はPOLICE処置をすすめられていることも多いです。

 

POLICE処置
P  : Protect (保護)
O L : Optimal Loading (適度な運動)
I   : Ice(冷却)
C    : Compression(圧迫)
E    : Elevation(挙上)

 

これらも重要ですので参考にしていただけたらと思います。

足首の捻挫施術

杏鍼灸整骨院では足首の捻挫の度合い、時間、状態により様々なアプローチをしております。

 

  • 鍼灸
  • 超音波
  • ハイボルテージ
  • 微弱電流
  • カッピング
  • テーピング

 

などを用いて施術を行っております。

患者様の状況に合わせて様々な施術を行っておりますのでご気軽にご相談ください。

また鍼治療に対して不安がある方はご相談くださいね。当院の鍼灸治療はなるべく痛みが少なくしており、患者様からも痛くないとご好評をいただいています。

それでも不安な方は手技療法、物理療法も用いた患者様一人一人に合わせた施術をしておりますので安心してくださいね!

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

前の記事

セミナー開催

次の記事

大腿筋膜張筋の電気鍼