肩の痛みに棘上筋(きょくじょうきん)のトリガーポイント

こんにちは!筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は『棘上筋のトリガーポイント』をご紹介していきます。

棘上筋はきょくじょうきんと読む筋肉です。筋肉の名前って読みにくいですよねw

 

棘上筋は肩関節の問題では非常に重要で痛みが出ると厄介なことが多い部位でもあります。

構造上非常に悪くなりやすい形になっています。

五十肩などで腱板損傷や断裂などの診断を受けている方のほとんどがこの棘上筋です。

 

ですのでトリガーポイントなども形成されやすい構造になっています。

 

棘上筋のトリガーポイント

棘上筋は上の絵で見たらわかるように肩甲骨の上側から始まって骨の下を通って上腕骨に付きます。

このトンネルをくぐるような構造になっているのでこの時に物理的にストレスにさらされているために非常に損傷しやすい構造になっています。

 

この事から先ほどもご紹介したようにこれらの理由から肩関節障害ではまずこの棘上筋が損傷されやすいといわれています。

 

棘上筋のトリガーポイントが形成しやすい所は大きく分けて二つになります。

しかも出来るところによって痛みが出る関連痛領域が違います。

関連痛領域とはトリガーポイントが形成されることによって痛みが波及するパターンになります。

 

棘上筋のトリガーポイントが形成されやすいのは

  • 肩甲骨の上の筋腹あたり
  • 上腕骨に付着する停止部付近

になります。

関連痛領域は上のスライドでまとめている範囲になります。

 

実際に鍼をしている動画もご紹介します。

 

トリガーポイント療法は痛みに対して効果が高く様々な症状に効果的です。

肩の痛みで症状が改善されない方の中にはトリガーポイントが原因になっている事も多いです。

 

ご不安がある方はご相談ください。

また鍼治療に対して不安がある方はご相談くださいね。当院の鍼灸治療はなるべく痛みが少なくしており、患者様からも痛くないとご好評をいただいています。

それでも不安な方は手技療法、物理療法も用いた患者様一人一人に合わせた施術をしておりますので安心してくださいね!

 

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします