足首の捻挫のアスリートリハビリ

こんにちは福岡県の筑紫野市二日市に杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は『足首の捻挫のアスリートリハビリ』についてご紹介していきたいと思います。

杏鍼灸整骨院では様々なアスリートがみえられますがスポーツ外傷で多いのは断トツで足首の捻挫です。

スポーツ障害とスポーツ外傷の違いはこちらをお読みください。

その中で上手く復帰していくまでのトレーニングも杏鍼灸整骨院では行っております。

 

足首の捻挫

先ほども書いたようにスポーツ外傷の中で一番多いのは足首の捻挫です。

 

程度はさまざまですが、重症のケースになるとしっかり固定を行わなければなりません。

 

甘くみている方も多いですが、症状によっては骨折などより厄介なケースもあります。

 

まずは初期処置を大事にしましょう。

 

今回は初期処置ではなく当院で行っている事の一例をご紹介します。

 

足首のEMS

実際に足首に電気を流している状態です。

 

 

当院スタッフの妹川が紹介している様に

ポイント!

足底部の角枕は足関節の底屈を制限をするため 底屈による前距腓靭帯へのストレス軽減が目的になります。

 

ここは非常に重要で何もしないと足関節の靭帯が伸ばされたようになってしまい回復には向かない状態になってしまいます。

 

こういうひと手間を加えることで回復は早くなります。

 

アスリートにとって怪我はつきものといわれる方がおられますが私たちはそう思っていません。

確かに不慮の事故はあります。

しかし防げるのならば防ぎたいと思いますし、残念なことに怪我をしてしまったら早く復帰してほしいと思っております。

 

こういった工夫も早く復帰してほしいという想いから行っております。

速く治る』とはこういった理にかなった事を確実に行っていくということです。

是非ご相談ください。

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦

前の記事

野球肩の鍼治療

次の記事

手首の橈屈