肩の痛みに!広背筋のトリガーポイント鍼治療

こんにちは!

福岡県筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は『広背筋のトリガーポイント鍼治療』をご紹介していきたいと思います。

ご紹介している動画は当院の公式YouTubeチャンネルで公開中の動画をご紹介していきます。

 

当院の鍼治療はトリガーポイントというものを用いては鍼治療を行っております。

痛みに対して非常に有効な方法なのでぜひ最後までご覧になってくださいね!

 

トリガーポイントとは!?

トリガーポイントとは

トリガー=引き金

ポイント=点

と直訳できるのですが、簡単に説明をすると痛みの原因の引き金になっている点という意味になります。

 

ではいわゆる経穴(つぼ)や押して痛い圧痛点なんていうものと何が違うの?

っていう疑問が生まれると思います。

ここの事を少し紐解いていきます。

 

まず上のスライドを見てもらいたいのですが圧痛点というものは押して痛い物すべてを差します。

押して痛いものの中には例えば打撲の所や筋損傷などを起こしている所などがあります。

これらは長期的にみればトリガーポイントになりえる事はありますが、ほとんどがただ押して痛い所です。

 

トリガーポイントは押して痛い所ですが痛みが患部とは関係なくとも押せば患部に痛みが波及してしまうようなところになります。

つまりトリガーポイント圧痛の中で特に痛みとの関係が深い部分になります。

 

またトリガーポイントはツボと同一視をされる事もありますがこれも似通っている部分もありますが少し違う所になります。

 

いわゆる経穴といわれるツボは先人が身体変化を長年の観察により変化を積み重ねて統計を取り、変化や反応が出やすい部分をツボにしてきたことが考えられます。

トリガーポイントも身体的な変化の一つですが必ずしも経穴と同じという訳ではありません。ただ先ほども書いたように変化や反応が出やすい部分をツボとしたわけですから経穴のある周囲にはトリガーポイントが形成されやすいといえます。

 

広背筋のトリガーポイント

さてトリガーポイントが少しわかった所で広背筋のトリガーポイントの形成されやすい部分と特徴的な痛みをご紹介していきます。

 

広背筋は上のスライドであるように背部にある大きな筋肉です。

起始停止といって始まりと終わりの所をご紹介します。

起始
胸腰筋膜を介し第7胸椎~第5腰椎の棘突起
正中仙骨稜および腸骨稜
第10~12肋骨
肩甲骨の下角

停止
上腕骨の小結節稜

 

ちょっと難しいかもしれませんが広背筋は色んな所から始まっているのが分かると思います。

このように範囲が大きい広背筋のとトリガーポイントが形成されやすい部位は大きく分けて2か所になります。

一つは肩関節の下の部位ともう一つは腰部の外方になります。(左の図の×の部分)

 

この二か所にトリガーポイントが形成されると肩関節周囲や骨盤の外方に関連痛といって痛みが出る事があります。

(右の図の緑の部分に痛みが出る事が多く、赤い部分は特に痛みが強い部分になります)

 

実際の刺鍼

実際にトリガーポイントに刺鍼をしている所の動画になります。

今回は患者様に刺鍼をしている所ではなく当院スタッフに刺鍼をしている所になります。

 

当院は鍼灸ってどんなことをしているのかわからない方のためにYouTubeチャンネルで鍼灸の情報を公開しております。

 

よければチャンネル登録などもよろしくお願いします。

 

広背筋のトリガーポイントは筋肉が大きくそこまで厚みのある筋肉ではないため索状硬結も爪楊枝のように細い場合が多くトリガーポイントの検索にも技術がいる部分になります。

 

まとめ

今回は『広背筋のトリガーポイント鍼治療』をご紹介しました。

広背筋は野球などの投球するスポーツで広背筋症候群などといわれる病態の大きな原因の一つになります。

これらを解決するため広背筋への正しい刺鍼がとても重要になります。

正しい刺鍼が出来ると筋肉の状態が変わる事が患者様ご本人も感じる事が出来ます。

是非ご気軽にご相談ください。

最後までご覧くださりありがとうございます。

杏鍼灸整骨院の陣内でした。

 

Follow me!

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦柔道整復師、鍼灸師
院長  柔道整復師  鍼灸師

福岡医健専門学校卒業

株式会社セイリン様、株式会社伊藤超短波などでもセミナー活動をしており精力的に鍼灸をひろめようと活動もしております。

陸上競技、ソフトボール、バレーボール、柔道、剣道など様々なスポーツチームの帯同経験多数