シンスプリントの鍼治療!陸上競技のアスリート

こんにちは!

福岡県筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は陸上などの走るスポーツで多いシンスプリントの鍼治療をご紹介していきます。

鍼治療ってどんなものかわからないっていう方は是非ご覧になってみてください!

 

シンスプリントとは

シンスプリントは原因が様々ありひとくくりできないものですが患部だけの問題だけでいうとオーバーユース(使いすぎ症候群)だといわれています。

脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえんMedial tibial stress syndrome)ともいわれ主に症状はくるぶしの内側から上に痛みがあるのが特徴です。

シンスプリント

 

上の絵でいうと赤い丸の部分に痛みが強く出る事が多いです。

原因は

  • オーバーユース(使いすぎ)、オーバーワークなどの練習過多
  • 偏平足
  • オーバープロネーション(過回内足)
  • 靴があっていない
  • 体重が多い
  • 固い地面での練習、下り坂での練習
  • フォーム(技術的)な問題

などがあると考えられます。

その他には股関節の動きや足首の動きなど原因は多岐にわたってあるので患部の症状と他の身体の動きを同時に改善していく事が症状の軽減には重要だと思っております。

過回内足(オーバープロネーション)

オーバープロネーション

オーバープロネーションは上の写真の右足のような状態です。踵が内側に倒れている状態です。

扁平足などが原因で足が接地する瞬間に足部が回内してしまう状態です。

この状態はシンスプリントをはじめ様々な足のスポーツ障害の原因となることがあります。

ご自分の足やチームメイトの足などを確認してみるのもいいと思います。

 

シンスプリントの分類

シンスプリントは以下のように分類されます。

Waish分類

grade Ⅰ・・・運動後にのみ疼痛(痛み)がある。
grade Ⅱ・・・運動前後に疼痛があるがスポーツ活動に支障はない。
grade Ⅲ・・・運動前中後に疼痛がありスポーツ活動に支障をきたす。
grade Ⅳ・・・疼痛が強くスポーツ活動は不可能

GradeⅢ以上になると運動を休止する必要があります。

重症になると疲労骨折になる可能性があります。

またすねの内側と前側に痛みがある部位によって『前方型』や『後方型』などと分ける事もあります。

 

高校生陸上部シンスプリント

 

シンスプリントの電気鍼

当院で行っている鍼治療の一例になります。

痛みがある患部にはオステオトロンを照射しています。

オステオトロンについてはこちらの記事に詳しくまとめているのでご覧ください。

シンスプリントは上記したように脛骨過労性骨膜炎ともいわれ骨膜に炎症がある事もあります。

その場合このように固定型の超音波をすることで症状の改善を早くすることが考えられています。

また同時に微弱電流を通電する事でさらに回復を早めていく事が期待できます。

 

微弱電流は組織が損傷した時に人体で流れる『損傷電流』を模した電気で通電する事で組織回復を早める事が出来るといわれています。

さらに鍼治療をすることで下記のような効果が期待できます。

鍼治療の効果は体の様々な所で効果があるといわれ脳では内因性オピオイドという物質が放出され、麻酔のように痛みが軽減されるといわれています。

また刺鍼した局所では刺鍼することにより患部には軸索反射というものが起きます。

 

軸索反射とは人間の身体は鍼などの異物が身体に侵入するとCGRPやSP(サブスタンスP)などの特殊な物質(神経伝達物質)が放出されるといわれ、その物質たちには血管を拡張させる働きがあり、鍼を刺した局所とその近くに血流が増加するということがあります。

さら微細な損傷を起こし細胞内からATPが漏出しAMPに分解されNOが出る事により血管が拡張し血流の増加がおこります。

これにより炎症の鎮静化や疼痛の軽減などを目指します。

これらの刺鍼をすることによって起こる生理学的現象により治ることが速くなるといわれています。

また血管の拡張が起こる事によりATPというエネルギー原が生産され筋肉の緊張が改善されていく事も分かってきています。

 

すこし難しい話になりましたが、鍼をすることで生理的にいろんな反応が起こりさらに物理療法機器のエネルギーで回復を早める処置をしていきます。

 

まとめ

今回は高校生陸上部のシンスプリントの鍼+物理療法を行っているものをご紹介していきました。

基本シンスプリントはオーバーユースが原因とされていますので休養が大事なことになります。

アスリートにとって休養をマイナスにとられる事もありますがとても大事なことです。

さらに言うと休養はあくまで『患部の休養』という意味になります。

患部以外のトレーニングは行って問題はないですしできる事は沢山あると思います。

当院ではその辺りまでご提案させていただきますので何かございましたらご気軽にご相談ください。

 

最後までご覧くださありがとうございました。

Follow me!

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦柔道整復師、鍼灸師
院長  柔道整復師  鍼灸師

福岡医健専門学校卒業

株式会社セイリン様、株式会社伊藤超短波などでもセミナー活動をしており精力的に鍼灸をひろめようと活動もしております。

陸上競技、ソフトボール、バレーボール、柔道、剣道など様々なスポーツチームの帯同経験多数