三段跳び選手の仙腸関節部の痛みに対しての鍼治療の一例

こんにちは!

福岡県筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回は『三段跳び選手の仙腸関節部の痛みに対しての鍼治療の一例』をご紹介していきます。

以前は幅跳び種目の選手の仙腸関節部への刺鍼をご紹介しましたが、今回は三段跳びです。

前回記事はこちらになります。

跳躍種目は仙腸関節への負担も多くかかる場合もあり痛みを出す事も少なくありません。

今回はこの辺りもご紹介出来ていければと思います。

 

仙腸関節の痛みとは

前回もご紹介した写真ですが仙腸関節とは左側の赤い丸で囲んだ仙骨という骨と腸骨という骨でつくられた関節になります。

 

関節といっても肩関節や股関節などを代表とする『いわゆる関節』というものに比べてほとんど動かない関節です。

 

ではどのような働きをしているかというとショックを吸収するアブソーバーのような役割を果たしています。

 

これに負担がかかると仙腸関節への炎症などとなり痛みの原因となります。

 

ではどのように負担がかかっているのでしょうか?

そこについてご紹介していきます。

 

先ほど仙腸関節はアブソーバー(サスペンションのようなショックを吸収する)ような役割をしているとご紹介しましたが、体の中では上半身からの重みと下半身からの突き上げるような衝撃を吸収する役割を果たしています。

 

これが跳躍競技に当てはめるとかなりの衝撃になります。

 

三段跳びではステップの際このような感じですね。

下からの突き上げが黄色と上半身からの重みが青色の線です。

※力のかかる位置はイメージですので力学的な正しい位置ではありません。

 

普段歩いているだけならそんなに大きな衝撃ではないですが跳躍系のスポーツではこの衝撃は非常に強いものになります。

 

これを後方からみてみましょう。

 

力の向きは先ほどのものと同じ色で表しています。

※力のかかる位置はイメージですので力学的な正しい位置ではありません。

この互い違いの力がかかる(これを剪断力といいます)事で赤いラインの仙腸関節に大きな負荷がかかるようになります。

 

仙腸関節はこの剪断力を上手く逃がすようにショックを吸収していますがそれを超えてしまうような力がかかるとやはり破綻をきたしてしまいます。

 

その他仙腸関節を支える靭帯や筋肉などに問題があると仙腸関節の許容量が少なくなり痛みが出やすくなる事も多くなります。

 

少し難しい名前ばかりの靭帯ですがこのあたりの人体へのアプローチも非常に重要になっています。

また③の仙結節靭帯はハムストリングとの関係が深くハムストリングなどのアプローチなども重要になってきます。

 

実際の施術の風景

仙骨側から仙腸関節の方へ向かって刺鍼をしている写真になります。

上方は多裂筋という筋肉を狙い刺鍼をしています。

刺鍼することにより患部には軸索反射というものが起きます。

 

軸索反射とは人間の身体は鍼などの異物が身体に侵入するとCGRPやSP(サブスタンスP)などの特殊な物質(神経伝達物質)が放出されるといわれ、その物質たちには血管を拡張させる働きがあり、鍼を刺した局所とその近くに血流が増加するということがあります。

 

これにより炎症の鎮静化や疼痛の軽減などを目指します。

流している電気は微弱電流という電気を流しています。

微弱電流はATPの生産を促すといわれ組織回復や痛みの除去に効果的だといわれています。

 

仙腸関節内は痛みを感じるセンサーも多くありこれらの興奮が少なくなる事も期待されます。

 

同様にハムストリングなどにも刺鍼をしていきます。

 

ハムストリングの筋の緊張が無くなる事により臀部周囲の靭帯の緊張が少なくなり仙腸関節にゆとりが生まれます。

これらの刺鍼により痛みが無くなっていく事を目指します。

 

まとめ

今回は『三段跳び選手の仙腸関節部の痛みに対しての鍼治療の一例』をご紹介しました。

仙腸関節由来の痛みは意外と多く腰痛の原因となっていることも多いです。

アスリートの中にも仙腸関節由来で痛みが出ている事も多いです。

仙腸関節に問題が生じ痛みが出ると次のような症状などが出ます。

  • お尻の筋肉(仙骨周辺)が痛い
  • 腰と股関節が両方痛い
  • 鼠径部に痛みが出る
  • 仰向けや横向きで寝ると痛みでつらい
  • 長く椅子に座ると痛みがでる
  • 寝返り、前屈などの動作開始時に痛みがある

このような症状でお困りの時はひょっとする仙腸関節由来の痛みかもしれません。

何かございましたらご気軽にご相談ください。

 

杏鍼灸整骨院は戦うアスリートと最後まで一緒に戦います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦柔道整復師、鍼灸師
院長  柔道整復師  鍼灸師

福岡医健専門学校卒業

株式会社セイリン様、株式会社伊藤超短波などでもセミナー活動をしており精力的に鍼灸をひろめようと活動もしております。

陸上競技、ソフトボール、バレーボール、柔道、剣道など様々なスポーツチームの帯同経験多数