幅跳び選手の仙腸関節由来の痛みの鍼治療の一例

こんにちは!

福岡県筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

 

今回は『仙腸関節の鍼治療の一例』をご紹介したいと思います。

仙腸関節は動きのない関節と言われていますが、上半身や下半身のショックを吸収するような重要な役割をしています。

そのため腰痛の中でも痛みの原因になっていることも多くあります。

以前紹介した記事はこちらになります。

こちらの記事もよければご覧になってください。

 

仙腸関節の痛みって

仙腸関節は上の図でいうと赤く丸を付けている部分になります。

仙骨と腸骨という骨で作る関節になります。

ここは上述したようにショックを吸収するアブソーバーのような役割をしており歩行時や運動時には非常に重要な役割をしていると考えられます。

 

ここに負荷がかかりすぎたり何か問題があると炎症が起きたり痛みが起きたりします。

その状態がいわゆる仙腸関節痛と言われます。

 

仙腸関節に問題が生じ痛みが出ると次のような症状などが出ます。

  • お尻の筋肉(仙骨周辺)が痛い
  • 腰と股関節が両方痛い
  • 鼠径部に痛みが出る
  • 仰向けや横向きで寝ると痛みでつらい
  • 長く椅子に座ると痛みがでる
  • 寝返り、前屈などの動作開始時に痛みがある

 

このような症状が出るとひょっとすると仙腸関節が問題になって痛みが出ているかもしれません。

 

その他特徴的な症状は上の図の右側のように

指一本で痛いところを指し示したときに仙腸関節を指す』というものがあります。

これはワンフィンガーテストと言って仙腸関節由来の痛みの所見の中でもかなり有力な所見の一つになります。

当院の施術では他の徒手検査などの総合的な判断により施術を行っております。

 

また何かご不安を感じた場合、問題がある場合は専門機関にお願いし精密な検査を依頼しております。

ご不安ことはスタッフにお尋ねください。

 

実際の行っている風景

当院の陣内のTwitterでの発信です。

(当院は積極的に情報発信を行っています。鍼の事は陣内、物理療法の事は妹川、足つぼはこちらクリックをしたらリンク先に跳びます)

この患者様は幅跳びの選手で跳躍時に腰が砕けるような感じがして痛みが出たそうです。

 

何度も書いているように仙腸関節はショックを吸収する働きをしているのでこのように強い衝撃が加わった際などにも痛みが強く出る時もあります。

もちろん日常動作で悪くなっている場合もありますので一概には言い切れませんが当院に来院される方で仙腸関節に強い痛みがある場合はこのように瞬間的に強い衝撃がかかるアスリートも多いです。

 

この場合は状況に応じて鍼を刺鍼し電気鍼の設定を行います。刺鍼は仙腸関節の関節面を狙い刺鍼をしております。

どのような場合でもそうですが当院ではお体の状況によって物理療法の設定を変えております。

 

また場合によっては骨盤ベルトと言って安定性が上がるようなベルトなどをしていただくことがあります。

 

created by Rinker
bonbone(ボンボン)
¥4,355 (2022/08/12 04:46:07時点 Amazon調べ-詳細)

急性期で長期化をしないような感じであれば貸し出しも行っておりますのでご相談ください。

 

まとめ

今回は当院で行っている『仙腸関節の鍼治療の一例』をご紹介しました。

仙腸関節は少しずつ研究が進みいろんなことが解かってきている関節です。

当院では基礎研究で分かっていることを少しでも臨床に活かせるように日々研鑽をしております。

少しでも早くけがをされた方が日常に戻れるよう一人一人の方に向き合い施術をしております。

何かございましたらご気軽にご相談ください。ご不安なこともご気軽にご相談ください。

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

杏鍼灸整骨院の陣内でした。

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします