ハムストリングの肉離れの鍼治療、陸上短距離

こんにちは!筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

今回ご紹介する記事は『ハムストリングの肉離れの鍼治療』です。

当院はありがたいことにアスリートの方が施術に来院されることも多いです。

 

その中の鍼治療をご紹介していきます。

肉離れと鍼治療は非常に相性がいいですよ!

 

ハムストリングの肉離れ

ハムストリングのキネシオ

ハムストリングの肉離れは、陸上の短距離などのスプリント系のスポーツに多発するスポーツ障害です。

当院では陸上選手の来院が多く、その中でもハムストリングの肉離れは多い疾患の1つです。

 

ハムストリングの肉離れを起こさないために

 

ハムストリングの肉離れを起こさない様にするために必要なことは普段からのケアが非常に重要になります。

  • しっかりと睡眠をとる
  • バランスのいい食事を心がける
  • ストレッチなどをする
  • お風呂などで疲れをとる

などがあります。

特に上の二つは軽く見ている人も多いのですがとても大事にしてほしいです。

 

自分の身体の状態を知る

ハムストリングの肉離れは一度なると再発を繰り返したりすることも多く、スプリント系の競技の方には非常に厄介だといえます。

肉離れをしてしまって早く治すのも重要ですが、普段から体の状態を知って肉離れを回避することの方が重要です。

 

普段からトレーナーなどに見てもらって状態を確認してもらうのがいいですが、なかなか出来ない事もあります。

 

そんな時に簡単に出来る、ハムストリングのセルフチェックをご紹介します。

 

やり方

下の写真のように仰向けで、膝と股関節を曲げます。

 

この状態から膝関節を伸ばしていきます。

このように足を伸ばしていきます。左右同じように行います。

左右差があったり、痛み、張った感じがあれば要注意です。

 

しっかりとしたケアが必要になります。

 

普段から自分の足の状態を確認するようにしましょう。

 

ハムストリングの肉離れの鍼治療

写真は大学生のハムストリングの鍼治療の写真です。

 

ハムストリングの中でも内側のハムストリングの肉離れです。

 

鍼をしているところの若干下に内出血が薄くあるのがわかると思いますが、肉離れをするとこのように内出血を出すことがあります。

 

この写真は、肉離れの回復期に行っています。

 

この時期の鍼は、血流をどんどん良くすることにより回復を早くすることを目的とします。

電気鍼などで筋ポンプを利用したりします。

また運動鍼をなどを行ったりします。

 

まとめ

ハムストリングの肉離れは時期によって施術方法、目的が変わります。適切な判断がとても重要です。

プレーに復帰時期も間違えると再発の可能性も出てしまいます。

 

杏鍼灸整骨院では肉離れの直後から復帰までの施術はもちろんの事、筋力トレーニング、柔軟性の獲得、アジリティなど総合的にバックアップいたしますので是非ご気軽にご相談ください。

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします