胸鎖乳突筋のトリガーポイント鍼治療

こんにちは筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です。

 

今回は『胸鎖乳突筋のトリガーポイント』をご紹介していきます。

胸鎖乳突筋はいわゆるスマホ首を代表するストレートネックなどの時に形成されやすいトリガーポイントです。

 

胸鎖乳突筋のトリガーポイント

胸鎖乳突筋は首の前側にある筋肉で首の回旋などに関係しますが、頭がスマホ首のように前方にあると常にストレスがかかった状態にある筋肉です。

 

トリガーポイントが形成されやすい位置

胸鎖乳突筋全体にできやすいです。

前側と後ろ側から指で挟むように抑えてズーンと感じる場合トリガーポイントが形成されている可能性があります。

 

関連痛の領域

上の図の青く囲った部分に痛みがある方は胸鎖乳突筋にトリガーポイントがある場合があります。

痛みと原因が離れている可能性があるトリガーポイントです。

 

杏鍼灸整骨院では鍼灸治療でこのトリガーポイントを使って施術をしています。

 

実際に施術をしている光景です。

杏鍼灸整骨院ではしっかりと患者様一人一人に合わせた施術を行っております。

 

どのような症状でもまずはご相談ください!

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

陣内由彦
陣内由彦柔道整復師、鍼灸師
院長  柔道整復師  鍼灸師

福岡医健専門学校卒業

株式会社セイリン様、株式会社伊藤超短波などでもセミナー活動をしており精力的に鍼灸をひろめようと活動もしております。

陸上競技、ソフトボール、バレーボール、柔道、剣道など様々なスポーツチームの帯同経験多数