オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!骨折編

こんにちは。

福岡県筑紫野市の杏鍼灸整骨院の妹川(いもかわ)です。

 

今回はオステオトロンV(LIPUS)は凄い!!骨折編として、当院にある治療器の一つを紹介をしていきたいと思います。

タイトルにもありますように、オステオトロンV(LIPUS)についての紹介をしていきます。

 

そもそも、なんで治療器の紹介をしていくのかというと、この治療器の凄さを知ってい欲しいです。

人の手では到底起こせないような効果があるので、それをぜひ知っていただきたいと思っています。

 

では、【オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!骨折編】について紹介していきます。
※以下、オステオトロンVと表記していきます

オステオトロンVって何??

『まず、オステオトロンVってどんな治療器なの??』

まずそこが疑問だと思います。

これが、その超音波治療器で、オステオトロンVとは商品名です。

正式には、低出力パルス超音波(LIPUS:Low Intensity Pulsed Ultra Sound)という超音波を照射できる超音波治療器です。

 

超音波治療器といっても同じような治療器は沢山あります。

では、なぜこの治療器が凄いのかというと、骨折に対する施術に特化した超音波治療器だという事です。

 

この治療器を製造している伊藤超短波さんの説明には・・・
従来の骨折治療では、ギプスなどで固定した後は自然経過に任せるのみでしたが、超音波骨折治療法を行う事によって、骨折後でも積極的に骨の癒合が出来るようになりました。超音波骨折治療法は多くの臨床例から効果が確認され、骨が癒合するまでの期間を約40%近く短縮でき、遷延癒合などの治りずらい骨折の発生率を低下させる効果もあるとされています。
※超音波骨折治療法とは低出力パルス超音波の事をいう
※伊藤超短波HPのオステオトロンVより引用

 

これは、凄い事です。

 

超音波治療器を使用する事で、骨折の治りが約40%の短縮できる可能性があるという事です。

また、治りずらいとされていた骨折の部位にも効果を発揮しているという事です。

これは、凄く魅力的です。

 

骨折はただでさえマイナスなイメージが強いと思います。

『大怪我になってしまった・・・』
『部活動が出来ない・・・』
『生活に支障が・・・』
『仕事に支障が・・・』などあると思います。

これらのマイナスなイメージが解消できます。

 

今すぐに治る事はもちろん無理な話ですが、約40%も短縮できる可能性があります。

という事は、部活動にも、生活にも、仕事にも、復帰を早くする事が出来るようになります。
※全てが同じような効果ではありません

 

オステオトロンVは、そんな魅力的な治療器です。

母指突き指テーピング

どうして超音波が骨折に効くの??

皆さんは超音波と聞くと、イルカやコウモリが発していたり、エコー検査やソナーなどに使われているイメージがあると思います。

イルカやコウモリは、人間では耳では聞き取れないような高い振動で会話をしていたり、エコー検査やソナーは、高い振動を発してその振動が物に当たって跳ね返ってきた振動を映像にしています。

 

要は、超音波というのは、もの凄く回数の多い振動の事です。

細かくいうと、1秒間に20000回を超える振動の事を超音波といいます。

1秒間に20000回以上は、手技では到底無理な回数です。

 

では、この超音波がなぜ骨折に効くのかと《Wolffの法則》というものがあります。

  • Wolffの法則とは・・・
    正常にせよ、異常にせよ、骨はそれに加わる力に抵抗するのに最も適した構造を発達させる

 

分かりにくいと思いますので、もう少し分かりやすく説明します。

骨は、骨にかかる力に対して、それに合わせた形で成長していくという事です。

それは、良くも悪くも変化していきます。

 

 

例えば、宇宙飛行士は骨が弱くなると聞いたことありませんか??

宇宙は無重力なので体や骨に対して重力による負荷がかかりません。

長時間この無重力下にいる事で、骨に対して負荷が掛からないために、骨は弱くなっていきます。

近いものといえば、寝たきりの高齢者が骨粗鬆症になる事も同じような事です。

これらも《Wolffの法則》によるものだといえます。

 

 

では、骨折部に超音波を照射するとどうなるでしょうか??

骨というのは、骨吸収(破骨細胞)と骨形成(骨芽細胞)を繰り返しながら常に新しいものに入れ替わっています。

骨折した場合も同じです。

骨折した部分は骨が破壊された状態なので、それに対して骨形成をするための骨芽細胞が集まってきます。

それにより、骨折部が治っていきます。

 

骨折部は、治ろうと骨芽細胞が集まっていますが、超音波を当てる事で外から力(外力や機械的刺激)が加えられた状態になります。

これにより骨は、外力に負けないように、より強くなろうとして、より沢山の骨芽細胞が集まってきます。

結果、骨は以前より強く丈夫になろうとしますし、治りも早くなるという事です。

これも《Wolffの法則》によるものです。

 

 

ちなみに、ちょっとした豆知識です。

最近の傾向として、足の骨折などのリハビリが早く開始されています。

早くから歩き出したり、免荷(体重をかけない状態)から軽度荷重(体重をかけた状態)に少しずつ移行していきます。

これにより、寝たきりで骨が弱くなる事を防ぎ、荷重をする事で体重による負荷を掛けて、骨が早く治ろうと強くなろうとする事を助けます。

医療の現場でも《Wolffの法則》に沿ってもリハビリを行ったりしているという事です。

 

 

これらの理由から、超音波が骨折に有効とされています。

骨は、負荷を掛けた方が治りが早く丈夫になっていきます。

超音波ってこんな凄い治療器です!!!
※でたらめに自分で負荷は掛けないでください

 

まとめ

今回は【オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!骨折編】として、超音波治療器について紹介しました。

 

オステオトロンVは骨折に対して凄く力を発揮できる治療器です。

でも本当は、効果は他にも沢山あります。

そこはまた次回にでも紹介していきます。

 

今回はとにかく『オステオトロンVって凄いんだ!』『骨折が早く治るんだ!』という事だけ知っていただけたらと思っています。

 

 

杏鍼灸整骨院の妹川でした。

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

妹川 和志
妹川 和志柔道整復師
柔道整復師

福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒業

陸上競技、サッカー、バレーボール、柔道、剣道など様々なスポーツチームの帯同経験多数