オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!施術編

こんにちは。

福岡県筑紫野市二日市の杏鍼灸整骨院の妹川(いもかわ)です。

 

 

今回もオステオトロンV(LIPUS)は凄い!!施術編として、超音波治療器のオステオトロンV(LIPUS)の魅力について紹介していきます。

 

前々回の骨折編では、骨折に特化した超音波治療器について紹介しました。

また、前回の効果編では、骨折以外の他にも沢山ある効果について紹介しました。

そして今回は、当院で行っている使用例を紹介していきます。

 

その前に、少し復習を兼ねてオステオトロンV(LIPUS)について簡単に説明していきます。

 

※以下、オステオトロンVと表記していきます

オステオトロンV(LIPUS)とは??

前回、前々回とオステオトロンVの魅力について紹介していますので、そちらを確認いただければ、より詳しく分かると思います。

前々回【オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!骨折編】

前回【オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!効果編】

 

オステオトロンVとは、超音波治療器です。

超音波治療器の効果は温熱効果》《非温熱効果に大きく分けられます。

超音波治療器は様々な種類がある中でも、オステオトロンVは《非温熱効果》のみを狙った治療器になります。

なので《温熱効果》の効果は狙う事が出来ません。

 

オステオトロンVは骨折治療のために作られているので、それに効果が出やすいとされている設定になっています。

しかし、それは骨折も含めた《非温熱効果》を狙った設定なので、骨折以外でも効果は沢山あります。

 

〖オステオトロンVの効果〗
●炎症の軽減➞疼痛の軽減➞関節可動域制限の軽減
※炎症(痛み)が無くなる事で関節可動域も広がります
●軟部組織の治癒促進
●創傷・褥瘡・潰瘍の治癒促進
●骨癒合促進
●浮腫の軽減etc.

これらの効果があります。

これは、すぐに効果が結果として表れるものではないですが、内部的に体が治りやすいように変化を起こして、結果的に治りを早くしてくれています。

 

これに、損傷の度合い、損傷の時期、経過の状態などを診て、どのような効果が出てほしいかの目的をもって施術をしていきます。

オステオトロンVの使用例

先ほども説明しましたが、オステオトロンVには骨折以外にも様々な効果があります。

 

当院では、色々な場面で使用する事が多いです。

オステオトロンVだけを使用する事もありますし、他の物理療法機器と一緒に使用する事も多くあります。

他の物理療法機器と一緒に使用する事で相乗効果を狙う事も出来ると考えています。

 

今回一緒に使用している物理療法は、電気療法です。

この電気療法は微弱電流(マイクロカレント)といい、もともと体の中に流れている電気に似た微弱な電気を流す事で、体を治りやすい状態に改善してくれています。

結果、超音波療法と電気療法をそれぞれ行う事で、互いに治りやすい状態を作って、治りを早くしています。

※写真は微弱電流を流す事の出来る物理療法機器です

 

一例ですが、当院で使用している方法をいくつか紹介していきます。

 

下腿遠位部骨折(脛骨骨折)への照射

骨癒合の促進を狙って、下腿遠位端部(脛骨:内くるぶし部)の骨折に対して照射しています。

整形外科でギプス固定をされた際に、超音波を照射できるように骨折部だけ皮膚が出るようにしてあります。

 

最初は6~8週間の安静と、松葉杖で免荷の状態でした。

ですが、早い段階で免荷から荷重に変わり、日に日に回復し、4週間と数日でスポーツへの復帰になりました。

 

患者様自身が、スポーツ(野球)への早期復帰を強く思っていたので、それも追い風になったのかと思います。

 

肘内側側副靭帯への照射

炎症の軽減〗〖軟部組織の治癒促進を狙って、肘内側側副靭帯に照射しています。

 

柔道をしている高校生で、練習中に負傷しています。

大きな大会までの期間が短く、練習を行いながらの施術でした。

テーピングで保護をしながら練習を行い、経過順調でした。

 

ちなみに大会の結果は・・・全国大会出場を決めました!!

お疲れさまでした。

 

リスフラン関節(足根中足関節)捻挫への照射

炎症の軽減〗〖浮腫の軽減〗〖軟部組織の治癒促進で、関節部(靭帯)を狙って照射しています。

一緒に電気療法の微弱電流(マイクロカレント)を行っています。

 

バレーボールをしている高校生です。

ジャンプの着地の時にチームメイトの足を踏んで負傷しています。

荷重が出来ず、腫脹なども診られました。

 

患者様からは

『もう少し時間がかかると思っていたけど、思っていたより早く部活動に復帰出来ました!』

と嬉しい言葉をいただきました。

 

ハムストリングスの肉離れへの照射

炎症の軽減〗〖軟部組織の治癒促進を狙って、筋肉(肉離れ部分)に照射しています。

一緒に微弱電流(マイクロカレント)を行っています。

 

陸上(短距離)をしている高校生です。

走っている途中で大腿後面に痛みが走り負傷しています。

 

高校3年生という事もあり、高校最後のインターハイ予選までの期間がありました。

大会前の練習も出来て、しっかりと間に合って大会に臨む事が出来ました。

リレーで全国大会までの道のりを駆け抜けていきました。

 

アキレス腱周辺の滑液包への照射

アキレス腱の停止部付近には滑液包(踵骨後部滑液包・アキレス腱皮下滑液包)があります。

そこに対して炎症の軽減を狙って照射しています。

 

サッカーをしている高校生です。

走り込み練習で、繰り返しにダッシュをしてる時に痛みが出ています。

つま先立ちが出来ない状態でした。

次の試合までの期間が開いていたため、練習量を落とす事が出来たので、経過は順調に進んでいきました。

その後、しっかりと走れたようです。

 

肉離れ(ふくらはぎ)と打撲(太もも)への照射

大腿四頭筋(内側広筋)・下腿三頭筋(腓腹筋内側頭)に対して軟部組織の治癒促進〗〖炎症の軽減〗〖浮腫の軽減を狙って照射しています。

一緒に、微弱電流(マイクロカレント)を行って、より治りやすい状態を作りやすくしています。

 

陸上競技(ハードル)をしている高校生です。

ハードルの練習中に足をぶつけて、転倒して負傷しています。

大腿四頭筋(内側広筋)の打撲・下腿三頭筋(腓腹筋内側頭)の肉離れを起こしました。
※整形外科より診断

 

インターハイをかけた最後の大会(九州大会)の10日前に負傷しています。

患者様や監督の先生とも常に状況報告をしながら行いました。

ぶっつけ本番に近い形で臨んだ大会では、なんと全国大会を決めてくれました!!

大きな感動をもらいました。

怪我の程度も重くはなかったのも運がいい事ですが、何より患者様の治りたいという強い意志が、身体を前向きにしてくれたのだと思っています。

 

まとめ

今回は【オステオトロンV(LIPUS)は凄い!!施術編】として、当院でオステオトロンVを使用する場合の使用例を一部紹介しました。

 

物理療法機器の使い方は一つだけではありません。

しっかりと効果を把握して、その時に合わせて使用できると、効果はよりいい方向に動いていくと思います。

 

今回紹介したのは、あくまでも一例です。

使用例が皆さんがお悩みの怪我と一緒でなくても、使用できるケースは沢山あります。

その怪我を『少しでも早く治したい』『早く復帰したい』とお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

杏鍼灸整骨院の妹川でした。

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

妹川 和志
妹川 和志柔道整復師
柔道整復師

福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒業

陸上競技、サッカー、バレーボール、柔道、剣道など様々なスポーツチームの帯同経験多数