肉離れの鍼治療

こんにちは!筑紫野市二日市にある杏鍼灸整骨院の陣内です!

今回の記事は陸上競技の短距離やダッシュ系で多いハムストリングスの肉離れについてご紹介していきます。

肉離れは、様々な原因が重なって起こります。

ハムストリングの肉離れを起こす原因

肉離れは、様々な原因が重なって起こります。

・疲労の蓄積

・ハムストリングの柔軟性の低下

・H/Q比の異常(ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力差の異常)

・汗などによる体液の電解質(ミネラル)のバランスが崩れた事

・骨盤の前傾が強くなったり後傾が強くなったりすることによってハムストリングスの筋出力の変わった時

・肉離れ後早期に復帰して再発してしまった

など原因は多岐にわたり、また重なり合うことによって起こっていきます。

 

 

肉離れの損傷程度

損傷程度は大きく3度に分けられます。

1度・・・・・・微細な筋損傷

(足をひきづる程度の痛み)

全治1~2週間程度

2度・・・・・・筋肉の不全断裂

(体重がかけられない程度の痛み)

全治1~3ヶ月程度

3度・・・・・・筋肉の完全断裂

(筋肉をまったく動かせなくなる症状)

度合いによれば手術が必要になるケースもあります。

 

肉離れの応急手当としてのRICE療法

損傷後にまず大切になるのはRICE療法になります。

RICE療法とは

R=Rest(安静)

I=Icing(冷却)

C=Compression(圧迫)

E=Elevation(挙上)

①Rest(安静)

文字通り安静です。怪我した直後は無理に動かしたりすると患部の炎症が悪化するのでまずは基本的に動かさないという事です。足など体重がかかる部分に怪我したら、体重をかけないというのも安静のうちに入ります。

②Icing(冷却)

患部を氷等を使って冷やします。冷やす事によって血管を収縮させ内出血や炎症を抑えます。それと冷やす事により神経をマヒさせ痛みを和らげ、筋肉等の緊張を取ります。冷却するのには氷や保冷剤、コールドスプレー等を用いますがベストなのは氷です。氷の量が確保出来ない場合等は少量の氷を手にとって患部をさするアイスマッサージが有効的です。目安は15分程度です。

③Compression(圧迫)

怪我等により出血や内出血がおきた場合、体の止血しようとする機能より出血が多い場合があります。その場合出血がなかなか止まりません。そういう時の為に患部より心臓に近い部分を圧迫します。布やタオル等を上手に利用して圧迫して下さい。10分間隔で縛ったり、緩めたりするのが理想的です。

④Elevation(挙上)

心臓より患部を高くします。挙上する事で患部に流れる血流量を少なくする事で出血量を抑えます。

損傷後はアイシングや圧迫固定など応急手当を行い筋内の出血を抑えることが必要となります。急性期をすぎ回復期になると損傷部分での線維化、瘢痕化(簡単に言えば固くなること)が形成され、それをなくさない状態で復帰すると再発ということがよく見られます。

当院では瘢痕組織や繊維組織を作らないことや早期復帰、再発防止のため鍼治療プラス吸い玉、電気鍼(低周波領域から微弱電流までを通電しております)等を行っております。

これにより再発を防止しつつ早期復帰を実現しております。

 

治療風景

https://youtu.be/H8viueZ4fWI

杏鍼灸整骨院の最新情報をお届けします

次の記事

肩こりの鍼灸治療